日本全国に展開する日本調剤の豊富な処方情報を分析、製薬業界のお客さまの課題を解決

市場の定量変化をオンラインで翌日にいち早く確認できる「RI-PDS(日次データサービス)」、目的に合わせたユーザー独自のカスタマイズ分析をオンラインで提供する「RI-CORE(月次・週次データサービス)」、データ抽出から分析、提供形式まで完全オーダーメイドで提供する「RI-SHOT(アドホック解析)」の3つのサービスをご提供しております。

日本調剤が保有する延べ1300万人分の処方箋データを基に作成された日本医薬総合研究所から提供されるすべての医薬情報サービスは、改正個人情報保護法に準拠して匿名加工された情報を基盤に統計処理したデータを提供させて頂いております。
詳しくは、弊社ホームページ「個人情報に関する公表文」をご覧ください。

RI-PDS

日次データサービス


RI-CORE

週次・月次データサービス


RI-SHOT

アドホック解析


トピック

2022年3月30日トピック

『「リフィル処方箋」導入を前に、長期Do処方に関する分析結果:生活習慣病薬は長期Do処方割合が大きく』をプレスリリースいたしました。

2021年11月30日トピック

適応追加後の市場変化に関するレポートを配信

2021年7月6日お知らせ

日次分析サービス(RI-PDS)をリニューアルしました